ぶらりえたじま放浪記 〜神社に蘇る昭和の名作~

 

お久しぶりです!yes!yes!

僕です!

ほぼ一年半ぶり。

「焼き直しで勘弁してやるから記事を書け貴様」という熱い声にお応えしての復帰です。

さあ、引き続き元気に徘徊するよ~!

わたくし、隙あらばフラフラする
習性をお持ちなのですが、
先日フラフラしてて発見したのが
江田島市は大柿町の八幡宮。

 

中学校の裏手にこんなでっかい神社があったのか!
気付かなかったよ!

 

これはなんとしても見なくてはと思い、
ワクワクしながら超ハードな階段を登ると、
天井から龍や亀の甲羅や船がぶら下がる社殿。

 

いやこれ面白いなあと眺めていたら、
境内に「力石」と彫られた三角形の岩が。

???

「力石徹」と彫ってあるなら
意図は完璧に理解できるのですが。

なんだろうこれ。なんの解説もないのです。

素直に読むなら「ちからいし」でしょうし、
力比べに使った岩なんかなと思うんですが、
最初の印象がもういかん。

今後は、この神社に行くたびに・・・

「叩け叩け」言うあの主題歌が
頭の中を巡ること間違いなしです。

えらいことになりました。

 

君も力石を目撃して主題歌エンドレス状態になってみないか!?

階段を登ってたら力石みたく減量できちゃうオマケ付きだぜ!

大柿中学校裏手、大柿の八幡宮に、ぜひ!一度!お越しください!

締めの「レボリューション」止めてみた!多分しばらく迷走するんだぜ!

 

 

編集部
河内屋花太郎さん、久しぶりにぶちこんでくれましたね(笑)
さて、「力石徹」・・・知ってる?知らない?そんなあなたにオマケのこちらです。
ジェネレーション!

ええね  17ええね~ 。ライターさんの励みになります♪記事がよかったら、ハートのクリックにて評価をお願いします。
読み込み中...