コンセプトは「読む紙袋」。江田島市の観光バッグが新しくなりました

こんにちは、編集長のぼくです。
 
江田島市役所の交流観光課からご相談いただき、観光バッグをデザインさせていただきました。
 

コンセプト:「読む紙袋」


 
フェアや催事などで江田島市と触れ合った方が、帰りの移動中に、パンフレットなどを開かずとも「江田島市」を知れるよう、紙袋本体に市の概況などを記しました。
 
もう片面は、鮮やかな赤~オレンジ色で、江田島市の島の形をモチーフにしました。
 
せっかくなので、普段づかいも出来たらいいなあ、なんて気持ちも込めてみました。
 

  

サイズや特徴

  
光沢のある紙の袋で、かなり丈夫なつくりです。
 
A4の書類がゆうゆうと入り、マチも広いのでお土産もたっぷり入ります。


 

島の観光に役立てることを期待して

 
この観光バッグは、観光フェアやイベント、色々な催事で配られたりしていくと思います。目にする機会がありましたら、ぜひじっくりと見てみてください。
 
※ところで、自治体や各観光協会にはいろんな紙袋があると思いますが、皆さんお気に入りの紙袋とかありますか??
 

ええね  9ええね~ 。ライターさんの励みになります♪記事がよかったら、ハートのクリックにて評価をお願いします。
Loading...