4月採用の協力隊新メンバーをご紹介します

こんばんは、峰尾です。
 
今日は、4月から新しく「地域おこし協力隊」として江田島市に移住してきたメンバーをご紹介します。 

まずはお名前から

 
-こんにちは。よろしくお願いします。まずはお名前などから

新メンバー:小山内 紘介(おさない こうすけ)です。31歳。神奈川県川崎市から家族4人で移住してきました。 
 
-ありがとうございます。川崎市なんですね。ぼくは15年くらい横浜で暮していました。
 
小山内さん:出身は青森県黒石市で、前職は鉄道会社で駅員をしていました。鉄道業からオリーブ栽培という全くの異業種からの挑戦となります。
 
-おおー。いいですね。ナイスチャレンジだと思います。ぼくも、江田島市に来るまではまったくのオリーブの素人でした。がんばりましょう。
 

小山内さんが江田島市を選んだ理由

 
-江田島市を選んだのは、どういう理由からでしたか?
 
小山内さん:子育てしやすい環境を探しているなかで、東京都有楽町にある「ひろしま暮らしサポートセンター」にて江田島市の「おためし暮らし制度」を紹介いただき江田島市を知りました。
 
-そうでしたね。昨年、実際に江田島市に来られて、「おためし暮らし」の家に泊まって、何日か島を見ていらっしゃましたよね。
 
小山内さん:そうなんです。その際に江田島の気候、自然、不便が少ない生活環境、人のやさしさなどに触れ、移住を考えました。この度、地域おこし協力隊に採用いただき、家族4人で江田島市にくらすことになったご縁に感謝いたします。
 
-ありがとうございます。江田島市は、小山内さん家族によって一気に移住者4名獲得です。勝手ながら(笑)、島を代表してお礼を言います。ありがとうございます。


おためし暮らし制度
 
江田島市へ移住を考えている方が、電化製品一式をそろえた家で江田島での暮らしを体験し、今後の参考にしてもらう制度です。
 
利用料は、一週間:1万4,000円、一カ月:5万円。
 
利用の条件や空き状況など、詳しくは江田島市のホームページをご覧ください。
http://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/816

小山内さんを、もっと知ろう

 
-協力隊の活動としては、「オリーブ栽培」が担当になりますね。つまり、ぼくと同じです。あらためて、どうぞよろしくお願い致します。
 
小山内さん:押忍。よろしくお願い致します。
 
-押忍・・・、なんだか匂わせるものがありますが・・・せっかくなので、小山内さんの趣味や特技を教えてください。
 

小山内さん:夫婦ともに極真空手の競技選手を約10年ほどしていました。だいぶ昔の話になりますが、自分は全日本大会軽量級ベスト8、妻は女子世界大会中量級で3位になったことがあります。押忍!
 
-・・・! 日本でベスト8も十分すごいですけど、世界3位!? い、いやあ、やさしくしてくださいね(笑) 穏やかに付き合っていきましょう。お、押忍!
 
小山内さん:(笑) よろしくお願い致します。
 
-最後に意気込みをお願いします。
 
小山内さん:鉄道業からオリーブ栽培という全くの異業種からの挑戦となります。まずは、江田島のことを知り、勉強していくことから始めたいと思っております。精一杯、楽しみながら頑張ります。よろしくお願いします! 押忍!
 

というわけで、協力隊新メンバー「小山内さん」のご紹介でした。
 

今年度も、江田島市の協力隊をよろしくお願いします

  
小山内さんが加わり、江田島市の地域おこし協力隊もこれで6名となりました。
 
1期生:3名(後藤、西村、峰尾)
2期生:2名(永田、小林)
3期生:1名(小山内)
 
新メンバーともども、今年度もどうぞよろしくお願い致します!
 
◆江田島市地域おこし協力隊Facebook
https://www.facebook.com/etajimaokoshi/

ええね  25ええね~ 。ライターさんの励みになります♪記事がよかったら、ハートのクリックにて評価をお願いします。
Loading...